大掃除の時に気をつけることって②

LINEで送る

こんにちわ!堺市東区にあるサイのほぐし屋さん 首・肩のコリをほぐすのが得意な店長・才です。

今日、店先でお客様をお見送りしていると、大掃除をしておられる方をチラホラ見かけました。皆さんは進んでますか?

大掃除の時に以外と腰を痛めると前回お伝えしましたが、始める前の準備運動をしてくださってますか?

今回はどんな掃除が特に腰に負担がかかるのかお伝えします。

まずは窓拭き

イスや脚立を持ってくるのがめんどくさくて、ついつい腕を無理に伸ばしてしまうと、背中や腰を痛めてしまいます。大きな窓だと高い所だけをまず拭いて、低い所はひざをついて拭くようにしないといけないのに、ついついそのまましゃがまずにしてしまうと、これまた腰を痛める原因に。

めんどくさくても部分、部分で体に負担をかけずにお掃除してください。

次はお風呂掃除

浴槽の掃除って必ず腰を曲げないといけないですよね。しかも、床より浴槽が深いので、外側から掃除しようとすると、ひざがのびて腰に負担がかかります。

浴槽の中を洗うときは中に入り、外側を洗う時には外に出て、しゃがんで腰をまっすぐに保つように心がけてください。

次に定番の重いものを持った時!

これは皆さんよく知っていますよね。大掃除の時、ちょっと配置換え…と思って何も考えず重いものを持ってしまうと、大変なことが待っています!ギックリ腰・・・ですね。

物の重さが同じでも、体から離れるほど腰への負担は大きくなるんです。なので、物を持つときはできるだけ物を体に近づけて、荷物を引き寄せながら、腰を落としてしゃがんだ姿勢から持ち上げるようにしてください。

いかがでしたか?ついつい・・・とか、めんどくさいから・・・とちょっと無理な姿勢で掃除をしまうことってありますよね~。でも、腰を痛めて大事になってしまわないために、ちょっと気を付けてみてください。

次は、気を付けていても腰を痛めちゃった!という時の対処方法をお伝えします。

ご予約・お問合せ 072-349-8300

友だち追加

 

 

※スマホの方は上記をクリックしてください。
※パソコンからは登録できません。
サイのほぐし屋さんからあなたのLINEにお役立ち情報やキャンペーンのお知らせをお届けします♪
ぜひお友達になってくださいね(*^^)v

 

 

LINEで送る

PAGE TOP